設立に至るまで | 株式会社ローズプラネット 東京都武蔵野市

宮沢明子 この人は他の人とは違う… ピアニストはピアノで祈る

彼女の名前を知ったのは学生時代です。故ケネディ大統領の追悼演奏会に選ばれたピアニスト、と友達から聞きました。

演奏会があると知るといそいそ出かけていましたが、この人の演奏はほかの人とは違うと思ったのは「エラールの会」という古いエラールのピアノでの演奏会です。

演奏の前に、お知り合いの息子さんが脳死状態で…という話があり、とても悲しんでおられました。「自分は医者ではないので治せない、ピアニストの私はピアノで祈る」と。

本当の音楽のあり方に触れる

バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」の演奏にあふれる涙をとめることができませんでした。悲しみに寄り添い、喜びをともにする、本当の音楽のあり方に触れたように感じました。

昔から憧れていた宮沢さんに演奏を引き受けていただくことになって、「夢はいつか実現する」ということを実感しました。本気で願ったことはあらゆるところから応援してもらえると。

ひとりでも多くの方に、宮沢さんの演奏を聴いて心に響くものを感じて いただければ幸いです。

→設立に至るまで に戻る
設立に至るまで
宮沢明子との出会い